東京で新しい家やマンションを購入するときに、汚れや傷のない状態のきれいなピタピカのフローリングを、フロアコーティングしておいたほうがいいと判断する人が少なくありません。ハウスメーカーや建設業者がすすめることもあります。フロアコーティングにはいろいろな種類があって、それぞれに特性をもっています。フローリングは一般的に定期的にメンテナンスが必要です。メンテナンスを怠ると艶もなくなりますし、汚れがシミになることがあります。数か月に一度、ワックスをかけるようにすればキレイな状態をキープすることができますが、ワックスをかけるのは一日がかりで大変です。そしてコストもかかってしまいます。長い目で見るとフロアコーティングをすることで耐久性が増すだけでなくコスト削減にもなるのです。

キレイなママの状態をキープするならフロアコーティングは必須

夢のマイホームを手に入れたら、キレイな部屋のままで生活したいと思うものです。人が通り、生活し、時にモノが落ちることもある床をいつまでもキレイな状態にしておくためには、床のコーティングは必要であると考えます。傷や劣化はどうしても起こることですが、キレイな状態のときにフロアコーティングしておくことで保護することができます。フローリングは傷みがひどくなると水分を吸収しやすくなってはがれてくることもあります。フローリングの種類によってその状態は異なりますが、いずれにしても新しい状態をキープするためにはコーティングはしたほうがいいでしょう。東京で新居に住むという方は、フロアコーティングしてくれる業者がたくさんありますのでネット検索して探してみてください。そして業者さんに相談してコート剤の種類を決めてください。

フロアコーティングにはたくさんの種類があります

フロアコーティングを行う際には、耐久性や機能によってさまざまな種類があります。例えば、UVコーティングは耐久性がとても強くて、なんと20年から30年ほど保護するパワーをもっています。30年もメンテナンスいらずの美しい状態が保てるのです。そして、施工してから15年から25年間、美しさをキープできるのはガラスコーティングです。耐久性から言うとフロアコーティングのなかでは中間にあたるのがシリコンコーティング、そして、10年ほどしたら引っ越すと考えている家庭には5年から10年ほどの耐久性をもつウレタンコーティングが選ばれることが多いようです。どのコーティングの種類を選べばいいのか迷ったら業者に相談するのが一番です。東京にたくさんの業者がありますのでネットで探してみてください。どんなフローリングでどういうコーティングがしたいのかを伝えて、相談にのってもらってください。