住宅の床は畳が主流であった時代から、フローリングが主流になって久しく経ちますが、更に最近ではフローリングの種類でワックスフリーやノンワックス、クラックレスなどの耐傷性の機能が強調されたフローリングが使用されるようになってきています。このタイプのフローリングはノンワックスのためコーティングの必要はないというのが基本の売り文句なのですが、フロアコーティングの効果というのはそういった耐傷性とは全く別の種類のものであることはあまり知られていません。フロアコーティングがいらないとうたわれている東京に多い住宅の床は、ワックスフリーやノンワックスと言ったフロアーで、表面材にオレフィンシートというものを使用しクラックを防ぐ事で傷をつきにくくしています。耐傷性フロアーというのは、硬質のシートなどを表面材の下に入れ表面を硬くする事で、凹みや傷などから床を守るように設計がされています。

ペットや子供や高齢者も安心して暮らせます

フロアコーティングがしっかりなされている東京の住宅に住む事で、毎日の生活を快適にする様々なメリットがあります。新しい住まいに移る時、特に新築のマンションや新築一戸建てに施工する事で一層の効果が期待できます。7つのメリットがありますが先ず一つ目は水拭きができて薬品や熱湯にも強いので、掃除が簡単でありメンテナンスも必要ない事です。二つ目は転倒防止効果があるので、小さなお子様や高齢者がいるご家庭も安心という点です。三つめはペットのいるご家庭の場合ですが、アンモニアをはじく効果がある為水拭きだけで清潔保つことができる点です。ペットを飼っていて小さなお子様がいるというご家庭も多くありますが、その場合心配になるのは子供に何か病気がうつってしまわないかという点になってきます。そんな対策としてもフロアコーティングが役に立ちます。

コーティングの種類によって相場は変わってきます

更に四つ目は床面が光の反射をするので部屋が明るくなる事、五つ目は一度の施工で効果が長持ちするのでメンテナンスの手間が少ない事、六つ目は日焼けの軽減効果、最後はホルムアルデヒド放散等級区分表示の最高等級を取得しているので、シックハウス症候群やその他アレルギーの心配もない地球にもエコな製品であることです。ここまででフロアコーティングに興味を持った人も多いでしょう。東京で施工する場合、特にその相場が気になりますがこれは広さやコーティングの質によっても変わってきます。例えばUVであれば1立方メートルあたり4,500円から5,000円程度で、ガラスコーティングなら3,500円から5,000円となります。他にシリコンコーティングは同じく1立方メートルあたり3,000円で、ウレタンコーティングは2,000円とそれぞれ相場があるので参考にして下さい。

ローン金利手数料無料のキャンペーンがございます。 EPCOATの5つのメリットは、耐久性!お掃除ラクラク!キズがつきにくい!舐めても安心!滑りにくい!!ことです。 EPCOATの特徴が1~2分でわかる動画掲載中です!防臭・消臭のEPTコートの動画もあります。 営業時間は9:00~21:00となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。 フロアコーティングを東京でご検討ならこちらへ